FC2BBS

184063

「でも」・「にでも」

2014/08/28 (Thu) 01:25:28

「でも」とは係助詞で、あるいは格助詞「で」と係助詞「も」の臨時組み合わせと認識しました。

それで、格助詞「に」が係助詞に重なった時、省略ができませんと、文法本に書いてあります。しかし、時々反例のような句を見かけるようですから、下のクは正しいでしょうか?


最初に気になった句、私の日本語教科書から抜き出した句です:

A.「その点において学者の間でもいろいろ意見がある。」

「間でも意見がある」となさっていますが、「間にも」とか「間にでも」とかにするべきではありませんか?


また、もう一つテキストからの文。これは本川達雄の「ゾウの時間ネズミの時間」中公新書よる「なぜ車輪動物がいないのか」に

B. 海の中でもやはり、スクリューや外轮船のような、回転する駆动装置を持った鱼はいない

「海の中でも~魚はいない」になっています。「海にも」ではありませんか?


どこに何があります
どこに誰がいます

この二つの文型は最初から覚えてきたものです。物にある場所、動物にいる場所、「に」で示すと思い込んでおりますが、このAとB二つ例に対して、私に違和感はありませんようで、ますますよく分かりません。この「でも」はどう理解すればいいでしょうか。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.